« 「幸福学」白熱教室 第2回 | トップページ | それは私がしたことなのか ① »

2014/01/21

5人会(平成26年1月)

199 今年最初の5人会は、年の初めらしいテーマとして「私にとっての日本の伝統を考える」である。
 日本の伝統の神々と言えば、「八百万(やおよろず)の神」である。八百万もいるなんて、何でもありで、すごい!昨今の日本の、「ゆるキャラ」ブームはここに淵源があるとみることができる。
 七福神も日本的である。だって、インド、中国、日本の神様たちが同じ船に乗って、笑顔満載なのだから。よさげなものは細かいことは言わないで取り入れてしまう。
  ところで、この世界の価値として、「真善美」とか「知情意」などという言い方がある。この中で、日本の伝統的な価値観とは何だろうか。私は、「美」と「情」を挙げたい。
 「情」とは、感情の情であり、情操の情であり、情けの情である。美を求める心と、人との関係を大切にする心、この辺りに日本の伝統的な価値があるように私は思っている。

|

« 「幸福学」白熱教室 第2回 | トップページ | それは私がしたことなのか ① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5人会(平成26年1月):

« 「幸福学」白熱教室 第2回 | トップページ | それは私がしたことなのか ① »