« 「知る」と「秘密」 | トップページ | 絶対に幸せになれるたった10の条件② »

2014/01/16

絶対幸せになれるたった10の条件①

195 小川仁志さんが、10人の哲学者から幸せの10条件を探る。
 幸福は古代ギリシア語では「エウダイモニア」といい、アリストテレスは最高善とした。
 小川さんは、ポジティブ心理学に対抗して(?)、ポジティブ哲学を提唱している。
 印象に残った文章をいくつか掲げておく。
*成功した姿を思い描くシミュレーションを、むしろ「家族」との関係にこそしっかりと適用し、強い意志を持続する必要がある。
*幸福な人を探して、幸せな人と付き合うこと。
*三大幸福論者(ヒルティ、アラン、ラッセル)は、幸福は追求し、獲得するものとしている。
*エピクロスは、他者との交わりを最高の快楽と位置付けている。最高度に重要なものは、友情の獲得である。
*私たちは自分の人生のプレーヤーであると同時に監督でもある。熱く戦いながらも、冷静に判断しなければならない。
*自制心のない人間は欲望によって行動し、選択によっては行動しない。一方、自制心のある人間は選択によって行動し、欲望によっては行動しない。

|

« 「知る」と「秘密」 | トップページ | 絶対に幸せになれるたった10の条件② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶対幸せになれるたった10の条件①:

« 「知る」と「秘密」 | トップページ | 絶対に幸せになれるたった10の条件② »