« 航 こうすけ 四麺燈 | トップページ | 絶対幸せになれるたった10の条件① »

2014/01/14

「知る」と「秘密」

194 上記のようなテーマで話し合った。
 知ることと、秘密を持つこと、どちらもそれだけを取り上げて、いい悪いはなかなか論じられない。それが悪用されるのが恐いのである。だから、個人情報の保護といったことが大切になってくる。
 「知らない方が幸せだった」という言い方がある。しかし、このようなことを言えるのは、神様か、作中人物に対する物語の作者などしかいないのではないか。生身の人間には不可能なことである。
 知りたくないことはたくさんある。例えば、暴力、悲惨な事故、戦争などである。しかし、大人として知らなくてはいけないことがある、と責められることもある。ちゃんとした社会人になるために、しっかりと勉強しておけといった意味合いである。
 とにかく、知っている人の方が、情報を持っている人の方が、力を持っているという事実は押さえておきたい。相手を操作できる可能性が高いのである。
 だからこそ、情報をきっちりと持って、判断をしていきたい。その自由は持っていたい。知ることができる状態にはしておいてほしい、ということである。

|

« 航 こうすけ 四麺燈 | トップページ | 絶対幸せになれるたった10の条件① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「知る」と「秘密」:

« 航 こうすけ 四麺燈 | トップページ | 絶対幸せになれるたった10の条件① »