« 7つの習慣 ③ | トップページ | 富嶽百景 »

2013/12/12

7つの習慣 ④

200pxstephen_covey_2010 第7の習慣は「自己を磨く」である。
 著者コヴィー(写真)の人生に対する基本的考え方(目的)は、素晴らしい一人の人間になることである。いわゆる「人格主義」、古い言葉で言えば、「徳」ということを重視する。そのために常に自分を磨き続けることが大切である。
 新たに付け加わった「第8の習慣」は、「内面の声(ボイス)を聴く」である。
 私の言葉で言えば、自分の欲望に素直に従うということである。そうでないと、習慣も長続きしない。

 さて、この『7つの習慣』は4半世紀前に書かれたものだが、あまり古い気がしない。原理・原則まで遡って言及しているからだろう。しかし、読む上での注意点が少しありそうである。
 一つは、アメリカと異なる日本的風土の問題である。二つ目は、組織内で仕事をしている者についてのことである。組織内では、他者との関係や時間管理が細かく、かつ、きつい。三つ目は、それぞれの職業による固有の関係や話し方の問題である。例えば、公務員と民間の会社との違いなどである。

|

« 7つの習慣 ③ | トップページ | 富嶽百景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7つの習慣 ④:

« 7つの習慣 ③ | トップページ | 富嶽百景 »