« 七福神 | トップページ | ノーム・チョムスキー »

2013/06/26

ジャレド・ダイアモンド

105 「知の逆転」(NHK出版新書)において、吉成真由美さんのインタビューを受ける一番目は、ジャレド・ダイアモンドである。
 ダイアモンドといえば、世界的なベストセラーとなった『銃・病原菌・鉄』である。
*西欧の覇権が、民族の能力の違いによるものではなく、単なる地理的な有利性の結果に過ぎないことを喝破してみせた。つまり、たまたま良い気候に恵まれ、家畜化できる野生動物や農業化できる野生植物が近くにあったということ。そのうえユーラシア大陸という、同じような気候条件下で東西に広がっている土地だったために、家畜化した動物や農業化した植物を簡単に別の土地に広めることができた。
 国際問題についての見解。
*現在のように消費量の格差がある限り、世界は不安定なままである。だから、安定した世界が生まれるためには、生活水準がほぼ均一に向かう必要がある。
*真の問題は人口増加ではなく、消費の増加である。

|

« 七福神 | トップページ | ノーム・チョムスキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャレド・ダイアモンド:

« 七福神 | トップページ | ノーム・チョムスキー »