« マランの幸福論 雑記④ | トップページ | 倖せのとらえ方① »

2013/06/21

マランの幸福論 雑記⑤

006 「幸福論者はつらいよ」についてである。
 幸福論者がつらいというのは矛盾した言い方に聞こえる。
 幸福論者は、悩んでいても、幸福なフリをしなくてはならない?!実際に、幸福でなくてはならない?!
 これを実行・実現することは難しいことだし、結構きついということなのだが、実を言うと、実際はこの断言がとてもいいことなのだ。
 幸福論者は、恨み、妬み、怒りなどのルサンチマンが似合わない。これらは笑顔で忘れてしまう……。多少、自分が低く評価されても構わない。自分と周囲がハッピーであればいい……。
 このようなことを頑張ることによって実現できるなら、幸福論者とはいいものだ。
 現状のマイナス面も受け入れ、冷静に知恵を出し、さらなる幸せを工夫する、このような幸福論者なら幸せだ。

|

« マランの幸福論 雑記④ | トップページ | 倖せのとらえ方① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マランの幸福論 雑記⑤:

« マランの幸福論 雑記④ | トップページ | 倖せのとらえ方① »