« アラン教授の世界一幸せになれる授業① | トップページ | アラン教授の世界一幸せになれる授業③ »

2013/05/14

アラン教授の世界一幸せになれる授業②

Imagescayluou7 「幸福へのアクセス」といったテーマで、印象に残ったことを記しておく。
*何かを伝えたいときは、相手に不愉快な思いをさせるかわりに、相手に共感を持ってもらえるように、自分がしたいことを的確に伝える必要がある。
*今日はここまでできた。だから、明日はもっとうまくなれる、もっとやれるようになれると思うと、胸がワクワクする。こうして、幸福が実感できる。
*幸せとは、自分で何かをすることではじめて実感できる。決して他人から与えられるものではない。
*何が起きたのか、もう取り返しがつかないことはどれか、そして自分がいまどこにいるのかをしっかりと見きわめて、そこから未来へ向かって歩き出す。
*仕事は報酬より、どれだけ楽しめるかだ。仕事が楽しい人は幸福だ。
*幸福は、何らかの心配と、いくらかの苦痛を常に前提とする。

|

« アラン教授の世界一幸せになれる授業① | トップページ | アラン教授の世界一幸せになれる授業③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アラン教授の世界一幸せになれる授業②:

« アラン教授の世界一幸せになれる授業① | トップページ | アラン教授の世界一幸せになれる授業③ »