« 功利主義入門④ | トップページ | 私の楽しみ »

2013/04/06

功利主義入門⑤

58 最後に、著者の児玉聡さん(写真)は、最近の道徳心理学や脳科学の知見も踏まえて、功利主義(倫理学)のことを考察する。
*思考には2つのシステムがある。経験的システム(直観的思考)と分析的システム(合理的思考)である。
*功利主義は理性を重視する合理主義的な規範理論であるのに対して、今日、心理学や脳科学などの記述理論が新しい人間理解として示しているのは、我々の行動の多くは我々が思うほど理性に基づいてはおらず、往々にして共感その他の情動的な反応に基づいているということである。
*我々一人一人がソクラテスのようにはなれないとしても、倫理について合理的な思考をある程度まで陶冶することも重要になる。
*倫理は柔道や剣道のような武道と同じで、「学べる」。

|

« 功利主義入門④ | トップページ | 私の楽しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 功利主義入門⑤:

« 功利主義入門④ | トップページ | 私の楽しみ »