« 麒麟の翼 | トップページ | リアルとロマン »

2013/03/01

良寛さんの心を今に伝える傾聴ボランティア

34 著者の青木羊耳さんは1931年生まれのシニア産業カウンセラーである。なかなかの人格者と見た。(朱鳥社発行)
 「良寛さん」に注目することに共感する。良寛から、耳を傾けること、傾聴ということの重要性を説いていくというのは素晴らしい。
 良寛は「老荘思想」に繋がると見ている人もいる。うなずける。
 良寛は大正の初め頃に、その名が全国に知れ渡ったらしい。その影響かどうかはよく知らないが、夏目漱石は晩年(と言っても40代後半、漱石は大正5年に49歳で亡くなっている。)に、良寛にかなり傾倒している。特に、良寛の書を好んでいたようである。

|

« 麒麟の翼 | トップページ | リアルとロマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良寛さんの心を今に伝える傾聴ボランティア:

« 麒麟の翼 | トップページ | リアルとロマン »