« ちくま小説入門② | トップページ | 私とは何か② »

2012/12/07

私とは何か①

Images7 平野啓一郎さんの「私とは何か」~「個人」から「分人」へ~(講談社現代新書)である。
 「分人」とは何か。
 一人の人間は「分けられないindividual」存在ではなく、複数に「分けられるdividual」な存在である。すなわち「個人」ではなく、「分人」である。人との関係の中に、その都度可変的に現われる存在である。
 たった一つの「本当の自分」など存在しない。対人関係ごとに見せる複数の顔がすべて「本当の自分」である。
 「分人」の発生と発展について。
①社会的な分人~不特定多数の人とコミュニケーション可能な、汎用性の高い分人
②グループ向けの分人~社会的な分人が、より狭いカテゴリーに限定された分人
③特定の相手に向けた分人 

*重要なのは、まず「柔軟な」社会的な分人がお互いの内にあることだ。(そうでないとお互いが接近することができない。)
*誰とどうつきあっているかで、あなたの中の分人の構成比率は変化する。その総体があなたの個性になる。
*足場となるような重要な分人を中心として、その他の分人の構成を整理することもできる。
*あなたが好感を抱く人間、尊敬する人間と、うまくコミュニケーションを取りたいと思うなら、そういう分人を生じさせる以外にはない。その分人が、あなたの変化の突破口になる。

|

« ちくま小説入門② | トップページ | 私とは何か② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私とは何か①:

« ちくま小説入門② | トップページ | 私とは何か② »