« ちくま評論選改訂版 | トップページ | 歓喜の仔 上 »

2012/12/13

5人会

Imagescaab1qqy 1ヶ月に1度くらいの割合で、男性5人が集まっている。
 その5人とは、哲学的・思想的に(?)、ニックネームを付けると、以下のようなメンバーである。
①「旅する資本主義者」
②「静かなるマルキスト」
③「下半身を含むロマン派」
④「催眠的な右派・肉体派」
⑤「アラン的プラグマティスト」
 ユニークな人間が集まっていることになる。

 今回のテーマは、「私にとってのS学院」である。我々5人が何かしら関係した場所であり、だからこそこのようにこの5人が集まっているのである。
 今から約40年前に私はS学院に行ったわけだが、私にとってのS学院は3つの意味合いがある。
①私の人生は、理数系から心理・教育分野に大きく変更した。
②理屈ではなく、様々な人間と接することができた。
③恋愛あり、失恋あり、対立あり、遊びあり、学びあり等々の、まさに私の青春があった。

 他の4人にとっても、20代、30代の時に、強烈な体験をした場がS学院である。この年代の時の体験は、その後の人生の体験よりも心に焼付いている。その頃の思い出や絆も残っている、それが5人会である。

|

« ちくま評論選改訂版 | トップページ | 歓喜の仔 上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5人会:

« ちくま評論選改訂版 | トップページ | 歓喜の仔 上 »