« ツナグ | トップページ | 超訳仏陀の言葉② »

2012/11/02

超訳仏陀の言葉①

Images71 『超訳ニーチェの言葉』の著者、白取春彦さんがセレクトした仏陀の言葉である。
*行いが正しく、羞恥があり、身と心を慎んでいるのならば、その人は、今から高貴な人ではないか。
*分かち合うことは、とても豊かなことである。
*人生は一滴ずつ。そのように、悪は積み重なる。そのように、善は積み重なる。
*心を動揺させないためには、いっさいの比較と評価をしないことだ。つまり、損得を考えない。その他に、勝敗を考えない。優劣を考えない。上下を考えない。左右を考えない。新しい古いを考えない。美醜を考えない。増減を考えない。濃淡を考えない。多寡を考えない。
*論争の結果は、賞賛あるいは非難の二つしかない。たとえ賞賛を得たとしても、それはごくわずかな取るに足りないものだ。
*いっさいの怨みを棄てよ。棄てれば必ず軽くなる。棄てて、軽やかに生きなさい。

|

« ツナグ | トップページ | 超訳仏陀の言葉② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超訳仏陀の言葉①:

« ツナグ | トップページ | 超訳仏陀の言葉② »