« 超訳仏陀の言葉① | トップページ | 超訳仏陀の言葉③ »

2012/11/03

超訳仏陀の言葉②

Images72 私は、白取春彦さん(写真)ほどダンディではないが、考え方が似ている面がある。仏陀の言葉のセレクトに共感するところも多い。
*憎しみを抱いた人が相手に対して、あるいは恨みを抱いた人が相手に対して、なすどのようなことであっても、自分の心が自分に対してなすことよりはひどくない。
*すでに立ち上がったのだから、そのまま進め。……しかし、ゆっくりと。
*語るときは真実を語るように。人に対しても、自分に対しても、決して怒ってはならない。自分が貧しくなろうとも、自ら施しをせよ。
*自分を偉いと思っていたり、高慢であったりすれば、それは強い執着となる。
*欲情も憎しみも、そもそもは自分から生まれたものではないか。自分の中に好きだ嫌いだの執着があるから生まれたのではないか。
*明らかに自分より下だとみなしている誰かが何かを言うと、とっさに反撥したり否定したりする。もはや、忍耐のかけらもない。しかし、忍耐できるのならば、それが最上の忍耐である。

|

« 超訳仏陀の言葉① | トップページ | 超訳仏陀の言葉③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超訳仏陀の言葉②:

« 超訳仏陀の言葉① | トップページ | 超訳仏陀の言葉③ »