« 超訳ニーチェの言葉Ⅱ③ | トップページ | ライフ »

2012/10/18

シャーロック(ライヘンバッハ・ヒーロー)

Images54 シャーロック・ホームズ「最後の事件」が下敷きである。
 シャーロックとモリアーティとの対決が見ものである。
 モリアーティの死が私には疑問が残る。あの完璧なモリアーティがシャーロックの死を確かめずに、なぜ死んでしまったのか。(もしかしたら、モリアーティは生きている?)
 謎やトリックは作り出したら、切りがない。映画やドラマでは、作ろうと思えばいくらでも作者は謎やトリックを作れる。しかし、それをやりすぎると、リアルさがなくなっていく。見ているものは感情移入できなくなってくる。
 人生にも似たところがある。今まで生きてきたことも、今生きていることも、人生に関しては色々な解釈がありえる。しかし、それをやりすぎると、生きている実感が乏しくなってくる。
 死だけが真実になってしまう。(それも当たってはいるのだが……。)

|

« 超訳ニーチェの言葉Ⅱ③ | トップページ | ライフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャーロック(ライヘンバッハ・ヒーロー):

« 超訳ニーチェの言葉Ⅱ③ | トップページ | ライフ »