« ウォーキング② | トップページ | 超訳ニーチェの言葉Ⅱ② »

2012/10/15

超訳ニーチェの言葉Ⅱ①

Images51 ニーチェには人生に関するアフォリズム(警句、箴言)が多い。哲学というより、人生論的な文章とも言えるものである。
 まずは、「生について」の印象に残った文章をいくつか。
*変身をとげ続けなければ、そのつど高度になっていかなければ、充分には生きていけない。
*自分の道を行け。ただ茫漠とした中に自分の道を広く築け。そして、自分を自分自身が導いて、堂々と進むがいい。
*結局、人はいつもおのれ自身を体験するだけなのだ。自己という人間を体験することが人生なのだ。
*体の欲望に価値をつけないこと。
*意味、すなわち、何がどうであるかということ、どれほどのものであるかということは、自分が決めるものである。
*起こったことを、自分が意欲したことだと言い換え、思い換える。
*一つの仕事、一つの職業に邁進するためには、これこそ他のどんな職業よりも魅力的で重要なものであると信じること、あるいはそう感じることである。

|

« ウォーキング② | トップページ | 超訳ニーチェの言葉Ⅱ② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超訳ニーチェの言葉Ⅱ①:

« ウォーキング② | トップページ | 超訳ニーチェの言葉Ⅱ② »