« 中学生までに読んでおきたい哲学(人間をみがく)① | トップページ | 中学生までに読んでおきたい哲学(人間をみがく)③ »

2012/10/06

中学生までに読んでおきたい哲学(人間をみがく)②

Images46 人とのかかわりとか、カウンセリングなどについての文章である。
 河合隼雄(写真の人)「人の心などわかるはずがない」
*「心の処方箋」は「体の処方箋」とは大分異なってくる。現状を分析し、原因を究明して、その対策としてそれが出てくるのではなく、むしろ、未知の可能性の方に注目し、そこから生じてくるものを尊重しているうちに、おのずから処方箋も生まれでてくる。
 吉野秀雄「ひとの不幸をともにかなしむ」
*ひとの幸福をともによろこび ひとの不幸をともにかなしむ

|

« 中学生までに読んでおきたい哲学(人間をみがく)① | トップページ | 中学生までに読んでおきたい哲学(人間をみがく)③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中学生までに読んでおきたい哲学(人間をみがく)②:

« 中学生までに読んでおきたい哲学(人間をみがく)① | トップページ | 中学生までに読んでおきたい哲学(人間をみがく)③ »