« ネオ・プラグマティズムとは何か⑦ | トップページ | 日本列島いきものたちの物語 »

2012/08/29

フランクル 夜と霧 ②

Images18 NHK「100分de名著」の第4回目(最終回)には、姜尚中さんを迎えて、フランクル(写真)について語り合ってくれた。
 人間はホモ・パティエンスである。すなわち、人間は苦悩する存在である、ということについてである。
*「何かのため」「誰かのため」に悩むことが、人間としての意味がある。
*運命とは、天からの賜物であり、その人の唯一性の現われである。
*失敗と成功を行き来する水平軸だけの人生ではなくて、絶望と意味という垂直軸による深みのある人生を生きよ。

|

« ネオ・プラグマティズムとは何か⑦ | トップページ | 日本列島いきものたちの物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランクル 夜と霧 ②:

« ネオ・プラグマティズムとは何か⑦ | トップページ | 日本列島いきものたちの物語 »