« ネオ・プラグマティズムとは何か⑥ | トップページ | フランクル 夜と霧 ② »

2012/08/28

ネオ・プラグマティズムとは何か⑦

Images17 今の時点で、ネオ・プラグマティズムについて、このようにまとめてくれた玉川大学教授岡本裕一朗さん(写真)に感謝したい。分かりやすく書いていただいた。
 ローティやプラグマティズム全般について、もう少し学んでみたくなった。これはうれしいことだ。
 ネオ・プラグマティズムは確かに時代の先端のところに位置する運動体だと私は感じた。
 しかし、時代はどんどん動いている。人類の歴史は近年変化が激しい。私の生きている間でも哲学・思想は変化していくだろう。
 その変化をいち早く見たいと思うのも人情だろう。ネオ・プラグマティズムの発展型やその先がどうなるかに関心があるということである。

|

« ネオ・プラグマティズムとは何か⑥ | トップページ | フランクル 夜と霧 ② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネオ・プラグマティズムとは何か⑦:

« ネオ・プラグマティズムとは何か⑥ | トップページ | フランクル 夜と霧 ② »