« 続・悩む力 ① | トップページ | 陽だまりの彼女 »

2012/07/01

続・悩む力 ②

Images37 姜さんはV.E.フランクルによく言及する。私もフランクルに強く共感するものである。
 まずはフランクルに関連する記述を掲げる。
*フランクルは人間の価値として、3つ挙げている。①創造 ②経験 ③態度 である。
*「態度」とは、何かを作るのでもなく、どこかに行くのでもなく、ただ念じる、祈る、あるいは想うことである。フランクルはこの「態度」ということを重視している。……例えば、死の間近にありながら、なお他人を気遣う心を持っている、これを称える。
*人生とは、「人生のほうから投げかけてくるさまざまな問い」に対して、「私が一つ一つ答えていくこと」である。……世界というものを自分の力及ばざる「超意味」存在として認識しつつ、なおかつその中で、自分が問われている役割について、一つ一つ責任をもって決断していく。
*フランクルは人間の「唯一性」や「一回性」を強調した。

 フランクル以外に印象に残った文章。
*「過去」を大事にする。……「未来」へ、「未来」へ、私たちが先のほうにばかり目を向けたくなるのは、これもまた市場経済の特性ととてもマッチしている。
*仕事において、大切なのは「何をやるか」ではなく、「どうやるか」である。
*テリー・イーグルトン:人間が、はかなく死ぬ運命にあるということを念頭に置いて、あくまでも謙虚に人間的なるものを肯定する。

 私のつぶやき。
 自分が何を持っているかだけではなくて、自分と他者・世界との関係が大事である。何を外へ向かって、発信し、与えることができているか。他人の痛みや辛さをどのくらい受け止められているか。

|

« 続・悩む力 ① | トップページ | 陽だまりの彼女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・悩む力 ②:

« 続・悩む力 ① | トップページ | 陽だまりの彼女 »