« はじける知恵 ② | トップページ | くろ喜 マタドール 俺式 »

2012/05/30

ミッドナイト・イン・パリ

Images18 アメリカ人が異国のパリに憧れる。
 それも1920年代のパリである。ピカソ、ダリがいて、フィッツジェラルド、ヘミングウェイなどがいる時代である。その時代にタイムスリップする。
 その1920年代の人たちは、第一次世界大戦前の1890年代、ベル・エポックの時代に憧れている。そして、ベル・エポックの時代の人たちはルネサンスの時代に憧れている……
 現代(現在)に満足できない人たちがいる。夢見る、空想好きな人種である。異国や過去に憧れる。
 やはり同じような人種、似たもの同士の方が相性はよさそうである。
 相変わらず、ウディ・アレンの鬼才ぶり、博識ぶりは発揮されている。今回は一般向けのエンターテイメントにもなっている。

|

« はじける知恵 ② | トップページ | くろ喜 マタドール 俺式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミッドナイト・イン・パリ:

« はじける知恵 ② | トップページ | くろ喜 マタドール 俺式 »