« ゲーテとの対話 | トップページ | 老いの幸福論 »

2012/03/30

ぼくが真実を口にすると 吉本隆明88語

Images42 勢古浩爾さんが吉本隆明さんの言葉を88文選んで編んだ。(ちくま文庫)
 勢古さんの心酔ぶりは次の文章に表れている。
 「吉本隆明という類まれなる男の言葉にウソがないからである。自分を安全な場所に置いて、自分だけは傷つきたくないという怯懦(きょうだ)がない。見上げる嫉視がない。見下す傲慢がない。追従しない。遁走しない。信用ができるのだ。」
 吉本隆明の言葉。
*かれらは「立場」によって揺れ動き、わたしは「現実」によってのみ揺れ動く。
*どんな豊富な思想の表現も、いったん行為事実に還元されれば、ありふれたものとならざるをえない。
*新聞やテレビで目に触れた資料を介して、自分に考えられることをとことんまで考えてやろうということにしている。
*何か、自分の思っている自己評価より高く見られるようなことだったら嫌だけど、出鱈目なこととか、低く見られることならいいんだってのがこっちの原則なんで。

|

« ゲーテとの対話 | トップページ | 老いの幸福論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼくが真実を口にすると 吉本隆明88語:

« ゲーテとの対話 | トップページ | 老いの幸福論 »