« ALWAYS 三丁目の夕日 ’64 | トップページ | 仕事を進めていく上での心構え »

2012/01/27

まんがで読破 幸福論 アラン・作

Images47 まんがで読めるというのは、幸福!?
 このまんがの主人公が「ロラン」というのには笑った。(「マラン」ではない)
 このロラン、実を言うと、最後の方で、幸福論の作者アランを振り切って、精神的にもアランを乗り越えてしまうのだ。これにはびっくりした。
 気に入ったセリフが散りばめられてある。
*「意志」の力で、親切な言葉、感謝の言葉を言う。
*礼儀というのはもっと気楽でやさしいもの、つまり「思いやり」である。
*「恐怖」という「情念」は、状況ではなく、想像によって生まれる。
*人間とは、ひとり分の幸福では満足できないから、周りの幸福まで求めてしまう。
*時には情念に支配されたり、突然の不幸が襲いかかることもある。しかし、人間にはそれに耐える力が存在している。それは生命力であったり、幸福を求める力であったりする。時には人の力を借りなければ超えられないものもある。 

|

« ALWAYS 三丁目の夕日 ’64 | トップページ | 仕事を進めていく上での心構え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まんがで読破 幸福論 アラン・作:

« ALWAYS 三丁目の夕日 ’64 | トップページ | 仕事を進めていく上での心構え »