« 人間は習慣と欲望の束である | トップページ | 猿の惑星 創世記 ジェネシス »

2011/10/29

マンガで分かる心療内科

Images13 原作が精神科医の「ゆうきゆう」、作画は「ソウ」の、ベストセラーである。
 帯には、「日本一アクセスが多い、メンタルクリニックのマンガ」とある。すでに第4巻まで発行されている。
 第1巻では、「うつ」のことや、ロリコン、ED、幻聴、認知症のことなどが取り上げられている。
 心理士の「療」と、ナースの「あすな」が登場し、ボケと突っ込みの連続で、解説していってくれる。
 病気とまではいかなくても、人間の心理や感情などについての説明には参考になることが多い。
*男性は女性に比べると、感情を素直に出しにくい状況にある。
*記憶が「悪いこと」ばかりであったとしても、本当に悪いことだけだったわけではない。今、つらい気分だから、そのことばかり思い出してしまうだけ。忘れているだけで、楽しい記憶だってたくさんあったはずである。
*まずは休むこと。疲労さえ少なくなれば、いい記憶だって思い出せるようになる。

|

« 人間は習慣と欲望の束である | トップページ | 猿の惑星 創世記 ジェネシス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンガで分かる心療内科:

« 人間は習慣と欲望の束である | トップページ | 猿の惑星 創世記 ジェネシス »