« 現在の仕事 | トップページ | 齋藤孝のざっくり!世界史(続き) »

2011/05/14

齋藤孝のざっくり!世界史

Images8j 齋藤孝さんの「ざっくり!」シリーズの「世界史」を読んでみた。(祥伝社)
 「感情」という面から歴史や現代を読み解いていく。また、歴史を突き動かす「5つのパワー」を挙げている。①モダニズム ②帝国主義 ③欲望 ④モンスター ⑤宗教 の5つである。
 これらのキーワードで世界史を見ていくのは分かりやすいし、かなり共感する。細かいところをあまり気にしない、このざっくり感がいいのだろう。
 印象に残ったところ。
第一章「西洋近代化のパワー」
*オランダ、イギリス、アメリカなどのカルヴィニズムの影響が強い国では資本主義が発達したが、イタリアやスペインなどのカトリック国や、同じプロテスタントでもルター主義の強いドイツでは資本主義が立ち遅れた。
第二章「帝国の野望史」
*現在「帝国」と言う場合、その定義の最も大きな特徴は、拡大により複数の民族を支配するということにある。

|

« 現在の仕事 | トップページ | 齋藤孝のざっくり!世界史(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 齋藤孝のざっくり!世界史:

« 現在の仕事 | トップページ | 齋藤孝のざっくり!世界史(続き) »