« 生きる意味 | トップページ | Q わたしの思考探求 »

2011/03/28

生きる意味(続き)

Images1q 上田紀行さんの考え方に共感するところは多い。1958年生まれで、私より若いが、同世代の感覚もある。
 印象に残ったところ(続き)。
*「地域」という条件で束ねられたコミュニティではなく、私たちの「生きる意味」から生じてきた問題を焦点にしたグループ(NPOやセルフヘルプ・グループなど)は、まさに私たちの「生きる意味」を育むコミュニティとなる。
*経済化した社会ほど、経済的リスクに弱い。
*社会の中に「信頼できるもの」「私をぜったい見捨てることのないもの」をどれだけ持つことができるか、そのことが私たちの「内的成長」を深く支える基盤になる。……世界に信頼があるからこそ人生が自由になるのである。
*「敵討ち」を続けることは、「敵」からの解放ではない。常に「敵」を意識し、そこから逃れられないという意味で、それは「敵」に支配され続ける行為なのだ。
*「生きる意味」を感じ取りながら、そこに「違和感」を感じるのであれば、そこからコミュニケーションを広げていくようなプロセスこそが、「生きる意味」の尊重だ。
*「ワクワクすること」や「夢」を持っている人は、他人の「ワクワク」や「夢」を阻害しない。また、自分で自分の「苦悩」を受け止めて成長した人は、他人の「苦悩」を聞き届けることができる。
*オリジナリティとは「自分自身にオリジン(源)がある」ことである。

|

« 生きる意味 | トップページ | Q わたしの思考探求 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生きる意味(続き):

« 生きる意味 | トップページ | Q わたしの思考探求 »