« ひとつメタ | トップページ | 吉左右 蓮嘉 多賀野 »

2010/11/10

あらゆるものの真ん中で

Imageslk 森山直太朗の最新アルバム「あらゆるものの真ん中で」を聴く。
 落ち着いてきた感もある、いいアルバムである。
 私が森山直太朗を好きな理由は、声の力強さ、心の襞に入ってくるメロディ、そして人生そのもの・世界そのものと真正面から格闘している感じの詞である。生きていることについての素朴な疑問の提示がユニークである。
 このような少々泥臭い感覚が私のような世代にも受けるのか。若い人たちにはどれほど受け入れられているのだろう。

|

« ひとつメタ | トップページ | 吉左右 蓮嘉 多賀野 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あらゆるものの真ん中で:

« ひとつメタ | トップページ | 吉左右 蓮嘉 多賀野 »