« 構造と力 | トップページ | 記号論的楽しみ »

2010/07/23

代わりに生きてくれない

100425_100412 誰も私の人生を代わりに生きてくれない。
 基本的に私の人生は私のものである。私の生きる欲望に素直に生きるのが幸せである。
 だからと言って、これは自己中心的な生き方を勧めているのではない。
 人は他者がいなければ自己はない。自己の中に他者はいる。人は社会的存在であるとアリストテレスも明言している。人はこの構造から逃れられない。この事実を忘れてはならない。
 もう一つ。私には与えられた身体がある。この身体は私と世界を繋ぐ媒介・器である。ありがたいものであり、大切にしたい、生かしたい。

|

« 構造と力 | トップページ | 記号論的楽しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代わりに生きてくれない:

« 構造と力 | トップページ | 記号論的楽しみ »