« 非対称な私と世界 | トップページ | 忘れると覚えてる »

2010/05/17

天国の本屋~恋火

20040511006fl00006viewrsz150x 2004年の作品である。
 この頃、竹内結子は亡くなった人の役をよく演じていた。「黄泉がえり」「いま、会いにゆきます」そして、この作品である。ユーレイ女優とか言われていた?彼女はしっかりしているのだが、はかない雰囲気も持っているので、3作品ともはまり役で、私はそれなりに好きだった。
 昔の恋人役で、香川照之が登場する。この人が出てくると、画面の空気が変わってしまう。リアリティ、現実感がものすごく感じられる迫真の演技である。ある意味、この映画では浮いているとも言えるくらいインパクトがある。
 この映画は全体的には天国のふあふあ感もある、ゆるやかな恋愛映画である。

|

« 非対称な私と世界 | トップページ | 忘れると覚えてる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天国の本屋~恋火:

« 非対称な私と世界 | トップページ | 忘れると覚えてる »