« 水死 | トップページ | 西尾中華そば・天雷軒・なわて »

2010/04/22

第9地区

20091222005fl00005viewrsz150x 今までとは異質な、なかなか付いていけないSF映画である。
 宇宙人(エイリアン)が地球で難民状態になっている。巨大な宇宙船を操作でき、高い医療技術もある、まさに高度な文明を有しているようにも見えるだけに不可解である。外見は野蛮であるが。
 この映画の戦闘シーンは長過ぎる。ゲーム的な感覚で展開している。
 そうなってくると、この映画は全体がどうのこうのより、私が日頃の生活の中で気になっていることのみに部分的に引っかかる映画となる。
 例えば、大きな組織の理不尽さ、バカらしさ、上司のいい加減さ、その上司に振り回される部下の哀れさなどが感じられる。また、この映画の主人公の妻はあまりに冷たい感じがした。この妻は夫より自分の父親寄りの人間である。
 主人公に大いに同情してしまう映画である。

|

« 水死 | トップページ | 西尾中華そば・天雷軒・なわて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第9地区:

« 水死 | トップページ | 西尾中華そば・天雷軒・なわて »