« 文学者・作家・ベスト | トップページ | 見えるものと見えないもの »

2010/03/19

中学校卒業式

Imagescafh1yf1 中学校卒業式に来賓として参加した。
 男子生徒もたくさん泣いていた。号泣している男子もいた。このあたりは男女の区別がなくなってきた。
 女子生徒でスカートを短くし、茶髪の子も数人いた。広い意味での貧しさや弱さの現われのような気がした。本人に対しても、家庭に対しても攻められない気持ちになった。そのような状況に追い込まれた面もあると思う。できるだけサポートしていくことが求められている。
 一人一人の卒業生の顔をじっくりと見た。幼い感じ、若々しい感じ、晴れがましい感じ、緊張した感じなどが一般的だが、中には投げやりな感じの子もいた。
 公立の中学校は受験というのが常にプレッシャーになっているのも改めて感じた。たいへんなことだ。
 歌われた歌は、「蛍の光」や「仰げば尊し」ではなかった。アンジェラ・アキの「手紙~拝啓十五の君へ~」と「旅立ちの日に」だった。このあたりの変化も感じた。
 午後に別立てで、不登校の2人のためだけに卒業証書を手渡す式が行われ列席する機会を得た。長い人生だ、少しくらい止まってもいい、ゆっくりと人生を歩んでいってほしい。人生を味わってほしいと思った。

|

« 文学者・作家・ベスト | トップページ | 見えるものと見えないもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中学校卒業式:

« 文学者・作家・ベスト | トップページ | 見えるものと見えないもの »