« 冬の動物園・センセイの鞄 | トップページ | 人間の運命 »

2009/11/04

私の中のあなた

20090724004fl00004viewrsz150x 評判どおりの号泣映画である。
 小児ガンで若くして亡くなる人というのは本当に可哀想である。涙なくしては見られない。
 母親(キャメロン・ディアス)の子どもを延命させようとする頑張りはすごい。それとともに、亡くなっていく側の思いやりや愛、母親をも包み込んでしまった娘はもっとすごい。
 死にいく者、死んだ者と生きている者との繋がりを深く考えさせられる、いい映画である。
 「きみに読む物語」にも感動したが、ニック・カサヴェラス監督の正統な語り口には共感する。
 改めて自分を振り返れば、これまで生きてこられたことに感謝、家族・親族に感謝、今まで接してきた人たちに感謝したくなる。今までの幸せに感謝したい。

|

« 冬の動物園・センセイの鞄 | トップページ | 人間の運命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の中のあなた:

« 冬の動物園・センセイの鞄 | トップページ | 人間の運命 »