« しがみつかない生き方 | トップページ | スモーク »

2009/09/13

私の人生観・哲学の変化

937b05ba37d364a4 私の人生も2万日を経過した。人生に対する見方や考え方も近年変化してきている。3つくらいあるので、書いておく。
 一つは、孔子から老子への移行である。このことは最近、この「みやさみ」でもよく取り上げている。
 二つ目は、「自己」から「他者」への視線の移行である。これは哲学史的な見方をすれば、やっとレヴィナス(写真)の他者問題にたどり着いたといったところか。この他者及び他者との関係については、今後一層深めていきたいテーマである。
 三番目は、真美善(価値)の新たな追究である。
 改めて振り返ってみると、今まで私は大衆文化などを素材にして、美の追究を重視してきた感がある。これはこれで、私の特色として今後も続けていきたい。
 さらに今後は、全世界・全宇宙と対峙する(あるいは包まれる)中で、新たに真美善をトータルに追究していきたい。そのためには、哲学・科学・宗教等の幅広い(一つに凝り固まらない)見識が必要になりそうである。

|

« しがみつかない生き方 | トップページ | スモーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の人生観・哲学の変化:

« しがみつかない生き方 | トップページ | スモーク »