« 自治体と政策 | トップページ | 終の住処 »

2009/08/31

「老子」の人間学

7andy_31049315 老子にはあまり説明や解説はいらない。老子そのものに迫ることである。
*道を体得した人物は、すべてをあるがままに受け入れて、知ったかぶりをしない。万物を自然の成長にまかせて、みずから手を加えない。手を貸しても見返りを期待しない。功績を立てても鼻にかけない。
*上善は水の如し。(柔軟性と謙虚さ)
*減らしに減らしていったその果てに、無為の境地に到達する。
*自分を知る者こそ明知の人である。自分に勝つ者こそほんとうの強者である。満足することを知る者こそ富者である。

|

« 自治体と政策 | トップページ | 終の住処 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「老子」の人間学:

« 自治体と政策 | トップページ | 終の住処 »