« 火垂るの墓 | トップページ | 人生語録② »

2009/05/14

人生語録

7andy_32151708 人生の目標を立てるということではなくて、人生そのものとは何か。人が生きるとは何か、を考える。
 このことについて、少しは自分の経験から再構成できるようになってきた。この年齢になってくれば、背伸びする必要もないし、無理する必要もない。長生きした賢者の教えの中から、自分の心に響いたものを拾ってくればいい。自分らしいものを自然と選択してくるものである。
 「心は安からしむべし、身は労せしむべし」(貝原益軒) 
 「長寿の秘訣は粗食と大らかな心」(天海) 
 「本当の幸福は、奉仕によって生まれる」(アルベルト・シュヴァイツアー)
 「成熟型の人間には、ユーモアと柔軟性がある」(スーザン・レイチャード) 成熟型の人間は、ユーモアと柔軟性、それに計画性があって、他人の過ちにも寛大だ。自らの目標を持って、前向きに生きており、全体として人生を楽観的に見ている。
 「人生の午後を迎えたら、教養を目的とせよ」(カール・グスタフ・ユング)
 「夫婦は親愛のほかに敬意が必要だ」(福沢諭吉)

|

« 火垂るの墓 | トップページ | 人生語録② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生語録:

« 火垂るの墓 | トップページ | 人生語録② »