« 菜根譚 | トップページ | 手塚治虫展 »

2009/04/27

スラムドッグ$ミリオネア

20081218004fl00004viewrsz150x アカデミー賞作品賞と監督賞を取った作品である。
 しかし、素直に感動できなかった。
  愛と運命によって、高額の賞金を獲得していく主人公。それは1人の幸運な青年の物語である。映画の観客は単純に主人公に同化・共感しやすいが、果たしてそれでいいのか。
 あまりにインドのスラムは過酷だ。予想以上に辛い映画である。
 目を潰された子ども、逃げられず自死する兄、それ以外にも多数の酷い境遇にいるスラムの人たち。
 「トレインスポッティング」を作ったダニー・ボイル監督はテンポやカメラワークは素晴らしい。しかし、イギリス人のこの監督がインドをこのように描いていいのか。
 ラストに登場人物たちに踊らせて、インド映画のように見せているのもいかがなものか。

|

« 菜根譚 | トップページ | 手塚治虫展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スラムドッグ$ミリオネア:

« 菜根譚 | トップページ | 手塚治虫展 »