« 外国ものと日本もの | トップページ | サルトル »

2006/02/08

生きている価値

06-01-29_08-57 私が行動している限り、考えている限り、感じている限り、私は生きている価値がある。
 行動している、考えている、感じている、その内容ではない。社会的に評価されているとか、いないかではない。
 行動していること、考えていること、感じていること、そのものに価値がある。
 この「みやさみ」を書いていると、そう思う。自信も持てるようになる。
 私ばかりでなく、どのような人もそのような価値がある。
 行動が不自由になって、考えることしかできなくなっても。考えることもうまくできなくなっても、感じることができれば。
 このようなことはお年寄りや障害者と接してきた経験からも言えることである。
 また、アウシュビッツ経験を書いた「夜と霧」の作者V.フランクルからも学んだことである。

|

« 外国ものと日本もの | トップページ | サルトル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生きている価値:

« 外国ものと日本もの | トップページ | サルトル »