« 国家の品格 | トップページ | 生きている価値 »

2006/02/07

外国ものと日本もの

1313177587 若い頃には外国文学や外国映画が好きだった人でも、年を取ると日本文学や日本映画が好きになると言う。
 若者は身近な日常生活から脱出したい、外国への憧れが強い、自分とは異なるものへ向かっていきたいなどの傾向が強いから外国ものが好きになる。
 年配になると、身近な日常生活に愛着を感じてくる、ドライなものより日本的な情に親しみを感じてくる、いくらか保守的になってくるなどから、日本的のものが好きになってくる。
 どれくらいの人がこのような傾向にあるかわからないが、私はこの傾向にある。
 日本文学や邦画に共感しやすい、さらに言えば泣きやすくなっている自分を最近見出す。
 ただし、これも私が若い頃に外国文学や洋画に多く触れたおかげとも言える。

|

« 国家の品格 | トップページ | 生きている価値 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外国ものと日本もの:

« 国家の品格 | トップページ | 生きている価値 »