« 世界の三大宗教 | トップページ | 自分の欲望に耳を傾ける »

2005/07/09

東アジア3国の近現代史

31543738 日本・中国・韓国=共同編集「未来をひらく歴史(東アジア3国の近現代史)」(日中韓3国共通歴史教材委員会 高文研)という本である。
 人類史上最大の戦争は第二次世界大戦である。戦後60年経っても東アジアにその爪痕はかなり残っている。
 その戦争の前と後にも、重く悲惨な歴史がある。これらの歴史を受け止めることは非常につらい。
 歴史を完璧に記述することは無理である。様々な制約もあるだろうし、歴史観も異なる。できるだけ偏りのない歴史記述をしようと、3国の研究者・教師等が集まって試みた今回の本は評価できると思う。
 もちろん、これも一定の立場から見た見方だと批判することはできると思うが。さらに現状では台湾や北朝鮮からの歴史の見方は記述したくても実現は難しい。
 

|

« 世界の三大宗教 | トップページ | 自分の欲望に耳を傾ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東アジア3国の近現代史:

« 世界の三大宗教 | トップページ | 自分の欲望に耳を傾ける »