« 漱石の笑い | トップページ | 電車男 »

2005/06/08

何のために生まれてきたのか

doll_baby_big 何のために生まれてきたのか。何のために生きているのか。
 その答えとして、何かの役に立つこと、誰かのためになることを挙げることがある。実際生活では仕事をすること、家庭をもつこと、ということになる。しかし、これでは病気や障害などがあって、職業や家族を持てない人は生きている価値があまりないことになってしまう。
 何のために生まれてきたのか、という理由や根拠などは元々あるわけないという言い方もある。
 一方、信仰から神によって神の元に生まれてきたことに意義を感じる見方もある。
 それぞれ力強い捉え方だと思うが、私には日常生活の中では次の考え方の方が合っている。
 「自分自身になる」いわゆる自己実現的なことである。「自分の欲求・欲望に忠実になる」ということである。そして、それによって「幸福になる」ということである。
 欲望は悩みや不幸を生むとも言う。金、名誉、地位を求めすぎ、争いや競争に繋がってしまう欲望は、それによって幸福になると勘違いしている欲望である。
 自分も他人も楽しくなる、喜びに結びつく欲望、いわゆる共存の欲望は誰もが持っているものであり、これを上手に選択し、伸ばしていくことができるようになってくれば幸福になれるような気がする。

|

« 漱石の笑い | トップページ | 電車男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何のために生まれてきたのか:

« 漱石の笑い | トップページ | 電車男 »