« サライ「夏目漱石」特集 | トップページ | M-1グランプリ »

2005/05/24

ことばと内面

05-05-24_19-56 目からの情報(映像)、耳からの情報(音、声)は大きい。人の姿・形、行動、話し方などから得る印象は強い。
 それに対して、言語、特に書きことばである文字からのインパクトは弱い。内容の如何にかかわらずである。
 しかし、心の中の表現、特に内面で考えたことの表現には「言語」が今のところ最適だと思う。この「ことば」(文字)の素晴らしさを私は感じており、だから日記を付けたり、このブログに書いたりするわけである。
 だが、一方で、内面のことばだけで何でも解決しようとすることの限界もある。内面の悩みをことばのみ(例えば本を読むのみ)で解消しようとしても無理である。
 それでは糸がますますこんがらかる、観念の泥沼にはまっていく。この時にはむしろ行動したり、姿・形を変えたりしていった方がいい。

|

« サライ「夏目漱石」特集 | トップページ | M-1グランプリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ことばと内面:

« サライ「夏目漱石」特集 | トップページ | M-1グランプリ »