2020/04/07

ちょっと今から仕事やめてくる

98

ブラック企業なら、やめればいいが原則である。(しかし、実際はブラック企業にからめとられて困難なことも多い。)

自分の命は、自分のことを思ってくれている人のものでもある。お父さん、お母さんが思ってくれている。

日本の会社で働くこととは全く異なる価値観というものはある。

| | コメント (0)

2020/04/06

スマホを落としただけなのに

97

悪意があれば、悪事はどんどん進んでいく。

スマホ、パソコン、ネットなどの技術で、それはとても精緻に、巧妙に行われる。新しい形の犯罪になっていく。

それでも、犯罪は、その「動機」がポイントである。

| | コメント (0)

2020/04/05

Girl /ガール

96

トランスジェンダーの娘。バレリーナになることを望んでいる。

自分の性に対する葛藤。自分の夢に対して、頑張り過ぎちゃう、無理してしまう。

辛いなぁ…。痛々しい。

その思春期の娘と向き合うお父さん。このお父さんがいい。

ベルギー映画である。

| | コメント (0)

2020/04/03

SUNNY 強い気持ち・強い愛

95

今、40代の女性の高校生の頃って、あんなコギャルだったけ?

薬に溺れ、ヒール役になってしまった女子高生はどうなった?

| | コメント (0)

2020/04/01

コーヒーが冷めないうちに

175512_02

母娘の関係の物語が一番描かれている。

他に、恋人、姉妹、老夫婦の物語がある。

老夫婦役の松重豊、薬師丸ひろ子がよかった。

| | コメント (0)

2020/03/31

美術館を手玉にとった男

94

この男、マーク・ランディスは統合失調症かもしれない。

しかし、一人で生活できる。贋作の能力はすごい!

図画工作的かもしれないが、表現者ではある。生きた証を示している。すばらしい!

マーク・ランディスの贋作を早くから見抜いて、追跡していたマシュー・レイニンガーも自らをADHDなどと言っている。

| | コメント (0)

2020/03/30

ゴッホ 真実の手紙

93

50分と短いが、ゴッホのことが手紙を通して、うまく描かれている。

| | コメント (0)

2020/03/29

ニューヨーク眺めのいい部屋売ります

92

いい老夫婦だなぁ。幸せだね。

ワンちゃんもいい。

モーガン・フリーマン、ダイアン・キートンはうまい!

| | コメント (0)

2020/03/23

蔭山 西川 Chu-Ru-Ri

Img_0108Img_0110Img_0111  

どれもとてもおいしいラーメンを食べることができた。

左写真:高田馬場東側「鶏白湯麺 蔭山」鶏白湯塩そば 3月8日 久しぶりに食べると、さすがにおいしい。完食だ!レモンをかけて、それからご飯を入れて食す。至福である。

中写真:千歳船橋「中華そば 西川」ワンタン中華そば 3月20日 煮干スープがうまい!細麺とよく合う。チャーシュー、ワンタンもよくできている。完食! 行列店だった。

右写真:十条「らーめん専門 Chu-Ru-Ri 」濃厚味噌らーめん 3月21日 丁寧に作られた味噌スープが抜群にうまい!麺との相性もいい。スープは牛骨スープを合わせ、オイスターソースを加え、強火で一気に煽る。薬味(にんにく、しょうが、山椒、一味など)が効いている。

| | コメント (0)

2020/03/22

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

91

三島由紀夫は若い時に戦争を経験したものとして、戦争に真正面から真面目に向き合っているという印象を受けた。結論には肯けないものがあるにしても。

この大討論会の1年半後に三島は45歳で自決した。

三島と全共闘は、反米と自立ということでは一致していると見ることができるという。確かにそう思う。

運動はいつか終わる。しかし、その経験は残る。

| | コメント (0)

2020/03/21

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

90

恋する人と一緒に過ごしたい。同じ時間を共有したい。

それが限られた時間なら、なおさらだ。

初恋、そして、その後別れて一度も会っていない人。(この映画の二人のような関係だったかもしれない)

| | コメント (0)

2020/03/20

恋は雨上がりのように

89

17歳の女子高生、ファミレス・アルバイト店員の子が、45歳男性のバツイチ、子ども一人のファミレス店長に恋をする。

恋の力はすばらしい!

年の差も何のその!

小松菜奈が可愛くて、うまい。大泉洋もいい。

| | コメント (0)

2020/03/19

あす花 魚と豚と黒三兵 八堂八

Img_0103Img_0104Img_0107

左写真:水道橋「麺処 あす花」味玉らーめん 2月28日 女性店長らしい、あっさり系のラーメンである。スープがうまい。

中写真:西新宿五丁目「魚と豚と黒三兵 」魚豚骨ラーメン 3月1日 魚介と豚骨のミックススープはおいしい。完食だ。自家製麺もいい。玉ネギ、カイワレは好きである。豚肉もおいしかった。煮玉子もよくできている。

右写真:中目黒「灼味噌らーめん 八堂八」味玉味噌らーめん 3月6日 うまくて、新しくて、ユニークな味噌ラーメンだ。完食できる。マイルドでありながら、深い味わいである。麹が効いている。麺もおいしい。山くらげがコリコリしてうまい。チャーシュー、お肉粒もいい。玉子も丁寧に作ってある。

| | コメント (0)

2020/03/18

NOODLE VOICE  石器 ひむろ

Img_0096Img_0098Img_0100

左写真:池袋「NOODLE VOICE 」濃厚ホタテそば 2月11日 このMIXスープはとてもおいしい。ホタテが効いている。旨味が感じられる。太麺との相性もいい。チャーシューも厚くて食べがいがある。ダイコン、玉ネギ、カイワレ、ユズも効果的に使われている。きれいに仕上がっている。

中写真:高田馬場東側「石器ラーメン」石器ラーメン 2月12日 確かにスープは最後まで熱くて、おいしい。趣向がちょっと面白いラーメンだ。

右写真:有楽町「北海道ラーメン ひむろ」味噌オロチョン 2月23日 定番のおいしい味噌ラーメン。ピリ辛がいい。ニンニクを入れるのもいい。時々食べたくなる。

| | コメント (0)

2020/03/15

1917 命をかけた伝令

88

臨場感あふれるワンカットという手法のチャレンジはすごいと思う。

話としても起伏に富んでいる。

戦争はイヤだ!

登場する女性は、女の赤ちゃんを守っている一人だけ。

男が戦争を始め、戦っている。

| | コメント (0)

2020/03/14

ジュディ 虹の彼方に

87

レネー・ゼルウィガーのアカデミー賞主演女優賞は納得!

47歳で亡くなったジュディ・ガーランドは辛い人生だったと思う。

子ども時代の傷は大きかった。

ジュディは同性愛等に対する理解と共感があった。

| | コメント (0)

2020/03/09

ファイトクラブ

86

デヴィッド・フィンチャー監督は鬼才だ!

エドワード・ノートン、ブラッド・ピットは凄味がある。

暴力、肉体が前面に出ている映画だ。

| | コメント (0)

2020/03/08

Fukushima50

85

こういう映画は作って、残していってほしい。

上の方は現場に対する理解は薄い。

現場なくしては何も解決しないのに。

| | コメント (0)

2020/03/06

ジョジョ・ラビット

84

あのような戦争、ユダヤ人虐殺(ホロコースト)は二度と起こさないでほしい。

キャスト、ストーリー、よくできている。

傑作だろう。

| | コメント (0)

2020/03/05

37セカンズ

83

いい作品に出会えた。

「私は障碍者」というのはどういうことだろう?

後半からラストは心温まる物語になった。

前半の性・セックスに関連する話は対比として、インパクトがある。

主人公のユマさんのウブで純粋な心が伝わってくる。

悪い人が出てこない。風俗関係の人たちもいい人である。

福祉ヘルパーの男の子はメチャいい人である。

| | コメント (0)

2020/03/02

幸福なラザロ

82

寓話ではある。

農村でも、都市でも貧しい者が描かれる。

誰に対しても、何も搾取しない者、それがラザロだ。

| | コメント (0)

2020/03/01

ある女流作家の罪と罰

81

著名な作家の偽の手紙を作っている時~

その時がとても充実していた、輝いていたというのだから……。

メリッサ・マッカーシーはさすがにうまい!

| | コメント (0)

2020/02/26

プリズン・サークル

640

「加害者の前に被害者である」

自己責任だけでは片づけられない。

社会で一定程度担っていかなくてはならない問題である。

| | コメント (0)

2020/02/25

フォードVSフェラーリ

80

男の友情の話として感動した。

レース・シーンは大いに迫力あり。

| | コメント (0)

2020/02/24

最高の人生の見つけ方

79

死を前にすると(余命が幾ばくも無いと)……、

結局はお金では得られないものが大切に思えてくる。

例えば、家族のことなど……。

吉永小百合の真面目さ、真剣さが伝わってくる。ここは好きだ。

| | コメント (0)

2020/02/23

おばあちゃんのはこぶね

78

これも女性の一生を描いた作品とも言える。

お父さんが作ってくれた「はこぶね」が一人の女性の傍らに常に寄り添っている。

しみじみとした味わいのある絵本である。

『雪のひとひら』も併せて読んでみると、女性にとっての男性というものを考えさせられる。

それは父であり、夫であり、そして神でもある。(神は旧約聖書では特に男性のイメージである。)

こんな風に感じるのは、私が男性だから?

| | コメント (0)

2020/02/22

雪のひとひら

77

女性の一生を雪のひとひらの誕生から死までとして表現したファンタジーである。

そこには悲しいことも辛いこともたくさんある。

そこに貫いているのは「愛」であり、多彩な愛が描かれる。

自然に対する愛、人間に対する愛、神の愛……。

夫への愛、子どもたちへの愛……。

無償の愛、まさに自己犠牲的な愛……。

これらは男性でも同じである。

私も、愛のもとに、一緒に笑ったり、泣いたりしたいんだなぁと思った。

自らの誕生の神秘(不思議さ)についても思い返し、考えたくなる作品である。

| | コメント (0)

2020/02/20

男と女 人生最良の日々

76

アヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャンの二人の長い掛け合い(会話)のシーンは見ごたえあり。

年を取ると、身体・セックスの関係より、会話の関係だよね。

| | コメント (0)

2020/02/11

Chu-Ru-Ri どさん子 ひよこプリン

Img_0091Img_0092Img_0095

左写真:十条「らーめん専門 Chu-Ru-Ri 」芳醇塩らーめん 2月2日 バランスが取れているおいしい塩ラーメンだ!小さなアイスコーヒー、漬物のサービスもある。店員さんたちのコンビネーション、客対応もいい。味噌、醬油、つけ麵、まぜ麺もおいしそう。

中写真:中目黒「どさん子」札幌味噌ラーメン 2月3日 スープがおいしかった。ニンニクを入れたらさらにおいしくなった。老夫婦がどさん子を守り抜いている。

右写真:平井「ひよこプリン」つけめん 2月10日 ライトでヘルシーなつけ麵。きれいだし、おいしい!麺も全粒粉入りでうまい。スープ割りもいけるので、完食!

| | コメント (0)

2020/02/10

維新 長尾 しば田

Img_0087Img_0089Img_0090  

左写真:目黒「麺や 維新」わんたん麺 1月20日 おいしかった。すっきり醬油味。油は多め。わんたんもよかった。オーソドックスであり、質が高い人気店だ。

中写真:淡路町「長尾中華そば」こく煮干し 1月29日 普通においしく食べられた煮干しラーメンである。

右写真:仙川「中華そば しば田」中華そば 1月31日 すっきりとした醬油スープが実にうまい!これが最大の魅力だ。1時間以上待ちの行列店だった。

| | コメント (0)

2020/02/09

大家さんと僕

74 75

2人の出会いは奇跡のようなものであり、素晴らしい。

そして、この2人の出会いは永遠になった。

約10年間くらい、「僕」は大家さんのところに住んでいたことになる。

最後は泣けてしまう。

| | コメント (0)

2020/02/08

小林多喜二の手紙

73

小林多喜二の田口タキへの恋文はとても胸を打つ。

あの時代における純粋な気持ちの表れだ。

酷い社会の中での恋愛だ。

| | コメント (0)

2020/02/04

マリッジ・ストーリー

72

結婚はたいへんだが、

離婚もたいへんだ!

子どもがいればもっとたいへんだ!

スカーレット・ヨハンソン、アダム・ドライバー、どちらもうまい。

長セリフだ。舞台を見ているようだ。

| | コメント (0)

2020/02/03

トイ・ストーリー4

71

面白い、よくできている。

おもちゃも自立(律)する?

自分の道を選択し歩んでいく。

| | コメント (0)

2020/01/30

ラストレター

70

心のこもった手紙はいいものですね。

ラブレターっていいですね。

| | コメント (0)

2020/01/27

キャッツ CATS

69

作りは特別には良くないが、悪くもない。

ノッて見ていけば楽しめる。

メモリーは名曲だ。

グランドサンシャインシネマの巨大iMAXスクリーンで見た。

鮮明で音もよく迫力があった。目が疲れた。後ろの方で見る方がよかった。

| | コメント (0)

2020/01/25

68

三浦綾子作(角川文庫)

小林多喜二とその母セキを中心に、セキの語りという形式で書かれている。

涙を誘う感動作である。

多喜二はイエス、セキはその母のマリアのように見る視点、これは三浦綾子らしい描き方である。

貧しさの中の明るく温かい家庭の素晴らしさ。

酷い差別と弾圧を強く批判する姿勢。

魂を揺さぶる作品である。

多喜二とタミとの純愛にも感動し、多喜二からの恋文も読んでみたくなった。

| | コメント (0)

2020/01/24

蜜蜂と遠雷

67

よかった!

原作がいいのだろう。(素材がいい)

それを映像化、音楽化するのはとても難しいことだったと思うが、よくできていると思った。(やはり実際のピアノの音を聴きたいし。)

各分野に天才はいる。音楽の世界ではそれが如実に現れる。

そのジャンル(世界)を心から好きな人、愛する人が残っていく。これは説得力がある。

| | コメント (0)

2020/01/19

アド・アストラ

66

深淵さを出すためかもしれないが、ちょっとまだるっこいスペースものだ。

| | コメント (0)

2020/01/17

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

65

1969年、ノスタルジックなところはある。

ディカプリオとブラピはさすがにうまい。

各シーン魅せられる。

ヒッピー文化に対しては否定的?

| | コメント (0)

2020/01/13

検察側の罪人

64

もっと考える材料がある映画だと思ったが……。

明らかに罪人だった。私刑だった。

巨悪もよく分からなかった。

これは拍子抜けだ。

| | コメント (0)

2020/01/12

ふっく 周 MANNISH

Img_0080Img_0085

年末年始に3軒訪問した。

左写真:荻窪「味噌っ子 ふっく」味噌らーめん 12月29日 従来の味噌ラーメンのイメージを壊す。スープがマイルドで濃厚、味わいがある。つるつる丸い太麺で量は多め。チャーシューは本格的な厚切りで、これまたおいしい。

(写真なし):板橋区役所前「つけそば 周」つけそば並 1月4日 濃厚で少しビターなつけ汁。麺の量も多く、チャーシュー、メンマもでかかった。スープ割りがうまかった。

右写真:淡路町「塩生姜らー麺専門店 MANNISH」塩生姜らー麺 1月6日 塩生姜スープはおいしい! 思わず完食だ。野菜もシャキシャキしていてよかった。一番のりだったので、玉子をサービスしてくれた。

| | コメント (0)

2020/01/11

パラサイト 半地下の家族

63

カンヌに続き、ゴールデン・グローブ賞も取った衝撃作である。

私が中流だからこそ、下流と上流を笑える?

個人の責任というより、社会がこのような状況と関係を強固に作ってしまう。

中流はだんだんと細ってきている。

中流は中流そのものの中に笑いを見出したい。

| | コメント (0)

2020/01/10

クランク家のちょっと素敵なクリスマス

62

アメリカのクリスチャンのコミュニティにおけるクリスマスへのこだわりは半端じゃない。

それなりのプレッシャーだ!

ラストシーンは温かみが感じられ、とてもいい。

布石も最後にちゃんと回収されていくストーリーだ。

| | コメント (0)

2020/01/07

アナと雪の女王2

61

登場キャラクターはユニークで好感度が高い。

悪いのは過去の人間だ。現在はいい?

姉と妹、女性の力強さが際立っている。

| | コメント (0)

2020/01/04

男はつらいよ お帰り寅さん

60

寅さんを見ているだけで泣けてくる。

懐かしいなぁ。

家族というもの。

故郷というもの。

女性を好きになること。

などについても考えさせられる。

| | コメント (0)

2020/01/03

誰もがそれを知っている

59

日本名タイトルは秀逸だ。

まさにこれが村社会ならではの事件の背景だ。

パソコン、スマホ、ドローンなどの最新のテクノロジーが入っているところで起きる。

恋の力は強い。恋の結果は大きい。

人物の描き方が生々しく感じられる。

| | コメント (0)

2020/01/02

マスカレード・ホテル

58

登場人物が多くて、楽しめるが……。

お客様相手のサービス業に共通するクレイマー対応~この苦労、理不尽さは身に染みる。

クレイマーの人生とは何だったのだろう。

| | コメント (0)

2020/01/01

この世界のさらにいくつもの片隅に

57

すずさんが愛おしい。

これって、男性側の上から目線?

今回の補足されたバージョンによって、話のつながりが分かりやすくなった。

反戦のメッセージも伝わってくる。

あまりにひどい時代だった。

| | コメント (0)

2019/12/30

ライオンキング

56

超実写版。

動物の質感、動きが素晴らしい。

よくできているなぁ!

| | コメント (0)

«ロケットマン